FXスキャルピング革命ロジックでトレードしてみた本音動画の件

FXスキャルピング革命ロジックでトレードしてみた本音動画の件

FXスキャルピング革命レビュー

スキャルピング手法が今年また大ブームなのでしょうか、本日も「FXスキャルピング革命」最新の検証レビューですが、

 

2016年の不安定相場を安全に利益を抜き出すという視点と、少額資金でFXを始めるトレーダーも高い資金効率で利益を稼ぐという視点でも、

 

特にFX-jinさんのシグナル配信時代の高い実績評価をうけて注目されていると存じます。

 

「FXスキャルピング革命」とは、ということで実践トレード動画レビューを収録してみた次第です↓


この動画は「FX初心者のこれからFX」記事より
FXスキャルピング革命検証レビューこうなったら全部徹底暴露しますbuchujp実践動画

 

 

 

2010年以前にFX-jinさんのリアルセミナーを見て、それからスキャルピングトレード手法に興味を持ったのが、自分のFXへのいきさつでございますが、

 

FX専業トレーダーに転身

それから専業トレーダーに転身することとなる、中心的トレード手法になった「恋スキャFXビクトリーDX」はかれこれ、6年以上実践し続けており、度々FX-jinさんが、

 

「レンジとトレンドを分けて考えてどちらも攻略できれば、非常に大きな利益をFXで得られる」という考え方が身体に染みついており、

 

恋スキャFX手法を本来のレンジ攻略ロジックとしてだけでなく、トレンド時にも活用する工夫をしながら現在に至りました。

 

 

そして、今回の
「FXスキャルピング革命」FX教材の新発表です。

 

 

本音で、FX-jinさんの、トレンド相場に対応する完全順張りの、スキャルピングトレード手法をロジック化した、待ちに待ったFX教材でございまして、



広告


個人的には、先の恋スキャFXビクトリーDXと「FXスキャルピング革命」この2つがレンジとトレンド両方に対応する、セットとして完成するのではという気持ちでいます。

 

 

本題の、FXスキャルピング革命実践トレード動画の内容でございますが、まずはカウンタースキャルロジックでのトレード結果をご覧頂きたいと存じます。

FX専業トレーダーに転身

FXスキャルピング革命は2つのWロジックが用意されていますが、どちらもトレンドの方向へ利益を狙うための手法で、

 

FXスキャルピング革命ロジック

スピードスキャルロジックの方は、ブレイクアウト的なエントリータイミングで、利益確定は短くpips固定でリミットする方法と、トレーリングやトレンドラインを使って利大を目指す方法が紹介されています。

 

カウンタースキャルロジック方は、同じ順張りでもトレンド中のスイングを見るスパンスケールが、スピードスキャルロジックとは違い、戻り売りや押し目買いの所から、トレンドが伸びたところまで、大きく利益を確定する手法というイメージになります。

 

 

FXスキャルピング革命公式サイトへ(特別特典付きリンク)
※FX初心者のこれからFX特典付き

 

 

 

buchujpは、これまで「恋スキャFX」のロジックにひと工夫入れまして、「戻り売り押し目買い」のポイントを捉えることで、カウンタースキャルロジックのようなイメージでトレードしていたため、

 

FXスキャルピング革命Wロジック評価

FXスキャルピング革命のカウンタースキャルロジックは、恋スキャFXロジックややり方とは全く違いますが、非常に自分の性分に合っていると言いますか、実践で使いやすく感じた次第です。

 

ただ、FX初心者トレーダー目線で言いますと

 

恐らく、「スピードスキャルロジック」の方が、理解と難易度は低く、手っ取り早く実践でトレードが可能なのではと想像します。

 

 

本日のFXスキャルピング革命検証実践動画では、チャート上に、スピードスキャルロジックとカウンタースキャルロジック両方のエントリーチャンスの場所が結果として、ありましたが、

 

更に、深く突っ込みまして、

 

FXスキャルピング革命ネタバレ動画

このロジックの正体についてネタバレをした動画を保護記事として収録、その一部をこちらのブログ記事にダイジェスト版としてアップしましたので、ご参考になれば幸いです。

 

やり過ぎ暴露解説「FXスキャルピング革命」肝心の勝率の分かれ目とは(ダイジェスト版)

 

 

 

 

全体評価として、ロジックの内容、そしてFX教材としてのクオリティ両方で、推奨評価したいと存じます。

 

 

FXスキャルピング革命公式サイトへ(特別特典付きリンク)
※FX初心者のこれからFX特典付き
FXスキャルピング革命Wロジック評価