FX入門から利益を残せるトレーダーへは自分ルールを今日はドラストFXでの件

FX入門から利益を残せるトレーダーへは自分ルールを今日は「ドラストFX」での件

FX入門から始めてみようと初めてFXに取り込まれる初心者トレーダー様におかれましては、何から勉強して良いかという状況だと存じますが、 FXの最初の人気FX教材としましては「ドラストFX」が今年も人気上位にきており、

 

本日はbuchujpもこれを使用して「利益を残せるトレード」という視点とそれを実現するための「FX自分ルール」の必要性について実践トレード動画を収録してみました。
下記のYouTube動画は、FXは初心者も自分ルールを本日は「ドラストFX」でbuchujp実践でしたが・・・の掲載です。


⇒ドラゴン・ストラテジーFX当サイト特典付きリンクで公式サイトへ
◆2020年5月より特典企画
buchujp「BI_Entry」インジケータをご提供決定 配布制限付き特典です

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※当サイト実践動画でおなじみのbuchujp流カスタムチャートプレゼント中(設定動画付)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

FXの資金効率や利益の即効性を考えますと今のコロナ禍時代に収入手段の1つとして検討される方が増えている事はbuchujpも十分に承知しているところですが、

 

しかし現実にFXトレードは株式投資に比べますと、投機に近い投資商品と感じており、 FXという手段を用いて利益を安定化させるという事はどうしてもある程度のテクニカル的な勉強と技術が必要になってくる点は否めません。

 

しかしそのハードルを下げるための方法はいくつかあり、その1つが実績のあるFXチャートシステムを用いるというやり方で、その中でも人気を継続している1つの方法論が「ドラストFX」と言えそうです。

 

buchujpとしましては、 FX初心者の入門チャートとしても位置づけることもできるのではないかと言う評価をしており、時間をスケールの違うマルチタイムフレーム分析や波動理論などの難解な知識を直接的に必要とせずに、

 

ドラストFX教材で紹介されている基本ロジックと、独自のチャートの形状を用いた、エントリー条件と決済条件が合致したところでトレードの操作を行うという作業するものですから、

 

まずはエントリーのトリガーとなる局面はどこにあるのか、そして決済はどのタイミングですればよいのかという判断がしやすい、 FX初心者にも優しいチャートと言う事は言えそうです。

 

FX入門用チャート「ドラストFX」と言っても自分ルールとbuchujpあるあるの巻というbuchujpのメインブログ記事をアップしていますが、そちらも同時にご覧いただければと10ますが、

 

最初はこのドラストFXの基本ルールを教材から学習して覚えていただき、非常にシンプルなルールのため難しさという点では非常にハードルが低いと存じますが、これを実際にFXの収益を安定化させるためには

 

どうしても精神的な部分、いわゆるメンタルがトレードに影響するため、「FXにおける自分ルール」というものを自身で決めていくことが重要なのではないかと存じます。

 

例えば、本日のドラストFX buchujp実践トレード動画の中でもお伝えしています通り、トレードを検討した時点で実際のエントリーが始まったら、利益確定のラインと、損切りラインは設定すると存じますが、これを絶対に動かさないという自分ルールや、

 

ドラストFXの基本ロジックのやり方に慣れてきたところで、テクニカル分析手法や裁量などが少しずつ身に付いてきた時点では、決済の方法などに自分ルールを追加してみるなど、今日の動画のような利益をまずは確保するためのルールとしてどんなものを追加すればよいのかなど、自分のこれまでのトレードをさかのぼって検証し

 

とくに負けたトレードの場面を繰り返されないための、自分の失敗の特徴を掴むことで、自分だけのルールを検討することができるのではと存じます。

 

そのために、 buchujpオリジナルインジケーター「BI_Entry」をぜひご活用いただければ幸いでございます。

 

自分のトレード奇跡を自動描画して残してくれる、 BI_Entryをいつも自分も使用していますが、トレードが終わった後特に気になったトレード局面や、単純なミスで失敗してしまったトレード局面などを後でプリントアウトしてトレードノートとして保存し、後でチェックすることで自分の負けた場面の傾向が少しずつ分かってくると存じます。

 

そんなことから、自分の場合には、例えば今日の決済ポイントとして1時間足で見た時のボリンジャーバンドにローソク足が最初にタッチした場面で逃げてしまうというやり方も、相場の状況によっては考えられるかもしれません。

 

これは自分が今まで、ドラストFXに限らず様々なトレードロジックで、せっかくの含み益が価格の折り返しであっという間に含み損になってしまうという苦い経験をもとに、ボリンジャーバンド1時間足を重ねて表示することで、自分のこれまでの傾向を検証してみた結果、場面によって使えるルールだと判断しているため使っています。

 

FXでの利益を着実に残し、月間でトータルをプラスで終わるという積み重ねをすることが、専業トレーダーの重要な仕事であり、FXの利益を享受するということでもございますから、ぜひ自分ルールというものを研究することを自分の経験からも推奨したいと存じます。

 

というわけで、本日のドラストFX buchujp実践トレードは、結果として自分ルールを破ったトレードではございましたが、 2つ目の自分ルールを用いて何とかプラス決済となった動画になった次第です。

 

またFX初心者様のFX入門のきっかけとしてドラストFXは今年も有効なのではと感じた次第で、引き続き高評価、そして推奨FX教材として挙げておきたいと存じます。

 

 

⇒ドラゴン・ストラテジーFX当サイト特典付きリンクで公式サイトへ
◆2020年5月より特典企画
buchujp「BI_Entry」インジケータをご提供決定 配布制限付き特典です

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※当サイト実践動画でおなじみのbuchujp流カスタムチャートプレゼント中(設定動画付)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

FX入門から利益を残せるトレーダーへは自分ルールを今日はドラストFXでの件関連ページ

経済指標発表時のトレード「ドラゴン・ストラテジーFX」がFX初心者にも可能かbuchujpも検証実践
経済指標発表攻略にドラゴン・ストラテジーFXの検証トレード実況動画とレビューの特集です。
コロナ相場で1日中「ドラゴン・ストラテジーFX」でトレードしてみたbuchujpの検証の巻
2020年の頃の相場でドラゴン・ストラテジーFXの検証トレード実況動画とレビューの特集です。
ドラストFXで相場に応じたトレード手法をFX初心者も使い分けられるか
ドラゴン・ストラテジーFXの検証トレード実況動画とレビューの特集です。
「ドラストFX 」英国の欧州離脱決定後の相場もをこんな風に使ってます
ドラストFXはFX初心者もFXの勉強しながら使えるツールとしての評価を実践動画からお伝えしています。
最新「ドラゴン・ストラテジーFX」のサインとロジック評価buchujp流で動画に
最新ドラゴン・ストラテジーFXの検証トレード実況動画と特別特典も追加いたしました。